だばだばわかる基礎英語♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

♯4 英語留学についてのおはなし

こんにちは、カナエルEnglishです。

 

今日は英語留学についてです。

私自身、短期留学を2回経験しております。

その後、ボランティアとして留学関係の仕事をしていたこともあります。

留学は現地にいた人の経験談がとても参考になると思います。

私の経験のお話しがすこしでも留学をご検討されているかたの

お役にたてれば幸いです

 

 私は独学で英語を学習していました。

なかなか成果が出てこない中、誰もが持つ一般的なイメージから

「留学」を考えるようになりました。

英語に囲まれた環境であれば上達も早そう、

海外だから楽しく学習できそう、そんな安易なイメージも正直ありましたが

やるなら何としても成果を出したいという意気込みもありました。

 

〇費用について

留学と言えば、やはり費用が気になるところですよね。

まずはどこに留学するかによって金額は大きく変わります。

最近ではかなりの選択肢があり、英語が母国語ではない国も多いです。

なので費用を考える際はまず留学先を決める必要があります。

価格に幅はありますがざっくり言うと1か月の留学をした場合、

40万~25万くらいが目安になると思います。

留学エージェントのHPをチェックするのが一番手っ取り早いです。

 

費用は確かに気になるところではありますが

一番の留学の目的は英語上達のはずです。

あまり価格の事ばかりに集中してしまうと本来の目的に使う時間が

少なくなってしまうので気を付けましょう。

実際、現地に行くとそれまで気にしていたことをほとんど気にしなく

なると思います。自分も実際にそうでした。

 

〇留学する期間について

自分の場合はフィジーに1か月、フィリピンに2か月の留学をしました。

特にフィジーに留学した時は英語学習を始めたばかりだったので

英語の上達はほとんどなかったと思います。

フィリピンの2か月についてもフィジーの時よりは成果は出ましたが

劇的に英語が伸びるようなことはありませんでした。

 

本当に英語上達への熱意があるのであれば、

留学の期間は長い方がいいと思います。

たたあまり現地での生活がマンネリ化してしまうと成果が薄くなりがち

になりますので例えば半年で一度切り上げて、また次回は別の場所というのも

ありかと思います。

 

私がしたような短期留学の場合、「数か月でペラペラ」のようなことは

まずないでしょう。事前の準備をしっかりして、しっかり学ぶことができれば

そこだけで完結はできませんが次のステップに進むことができます。

 

〇留学での英語上達度について

学校の授業内容、先生の指導内容によって大きく分かれる所です。

まずは自分のレベルにあった授業内容がある学校を選びましょう。

おそらく、多くの方は英語初心者であると思います。

しっかり基礎が学べる環境が必要です。

 

学校やプログラムにより、どのくらい英語を使える環境に身を置けるかが

変わってきます。グループクラス、1on1、などの授業形態を事前に

知ることも大事です。

 

留学先では積極性も大事です。

積極的に英語を使って話すことを心掛けた方がいいです。

よく「オンリーイングリッシュポリシー」を掲げている学校がありますが

これはあまり期待しない方がいいです。自分の経験上そうでした。

 

上記以外にもいろいろな要素がありますが

短期間であっても頑張れば上達はできます。

ただ「留学する」だけでは成果は出ません。

しっかり留学先で頑張って初めて成果が出始めます。

留学で成果を出せない人の方が圧倒的に多いという現実は

是非知っておいてほしいです。

 

〇現地での生活について

自分が現地の英語学校で働いている頃に一番問い合わせがあったのは

治安についてでした。

実際に現地についてしまえばそれまでの不安は一気に消えるというのが

ほとんどのケースですが、実際に治安の悪い場所もあります。

 

これは正直値段相応というところがあります。

セキュリティを強化している学校はそれなりに費用をかけているので

プログラム費用も高額ですが、逆に安いところはそれなりの理由があります。

 

国によっても違いはありますが、そこはだいたい

一般的にイメージできる治安度と合致すると思います。

前述したように、現地に入ってしまえばそれまでの不安はなくなる

事が多いです。ただ現地で守らなければいけないルールはあります。

大きな事故につながっている場合、ルールや校則を守っていない事が多いです。

 

治安については学校側はルールを決めて安全を保つことしかできません。

事前に国や学校の状況を把握して、さらに自分の身を自分で守る意識が

必要であると思います。

 

 留学において自分が一番大事だと思うことは

しっかり目標をもって留学することです。

渡航時は誰もが英語を頑張るという目標があるとは思いますが

現地に入ると、学習目的だった留学が観光中心になってしまう傾向があります。

 

「観光しながら英語をつかえばいい」

「せっかくきたんだから楽しまなきゃ」

という感じになりがちで、留学が終わったときには「楽しかった」となり

本来の目的とは別の意味での満足で留学を終えるのがよくあるパターンです。

 

留学は現地で生活する感覚が強いので、観光とは違った楽しさがあります。

ただ文字通り「現地に留まって学ぶ」のが留学です。

週末に息抜きに観光などは良いかと思いますが、目的をはき違えないように

しっかり勉強することを忘れないでほしいと思います。