だばだばわかる基礎英語♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

お金と英語学習 この関係をどうにかするためには

いつもご覧いただきありがとうございます。

カナエルの英語部屋です。

今日の体重78.3㎏です(+0.2㎏ 夕食抜いたのに...)目指せ60㎏!!

f:id:kanaeruEnglish:20200514005430j:plain

 

残念ですが英語学習とお金、かなり関係してます。

この状況、何とかしないといけないと思います。

 

普通に考えて、お金があった方が断然英語学習は有利です。

海外に行ける、留学ができる、いい学校に行ける、いい家庭教師雇える、

有利なことだらけです。

 

自分の場合はお金がない状況の中、独学でここまできましたが

それは仕事を辞めて35歳を上回り「もうなんとかしないと詰む!!」という

危機的状況を作ったという、決しておすすめできない

貧乏ならではのアドバンテージを利用しました。

同じアドバンテージでもお金がある状況とは精神的に天と地です。

 

実際に家庭の年収をもとに調べられたデータとしても

年収が高い家庭の方が学力も高いことが証明されています。

 

個人的には教育に関わる公的機関に一番の問題があると思いますが

政治の話は即変わることはないので、忘れてしまいましょう。

結局は英語も経済状況も自分で何とかしないといけません。

 

では英語学習で経済格差をどのように埋めればいいか、

現状で僕の中でその答えは「インターネット」です。

昨今では端末とネット環境さえあれば無料でかなりの情報を得ることができます。

 

ひと昔前とはかなりの差があります。

いまや独学で英語を覚えても何の不思議もない環境があります。

それでもできないというのは厳しい言い方ですが「やる気」の問題です。

 

結局人任せにしていてはだめだということです。

強く意識してほしいことは「学校」に依存することも人任せに近いということです。

学ぶ中心はあくまで自分、勉強についての学校は単なるスパイスです。

 

ますます広がる格差社会

それはこれまでの常識から外れることができない人がのるレールです。

自分で動くことこそが大事であり

それができれば英語学習とお金の一般的な考えも

あっさりくつがえすことができると自分は思います。

 


【高校受験⑫】1日9個の英単語を覚えよう!! 9words