だばだばわかる基礎英語♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

英語学習における「無料」に気を付けるべき理由5選

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

カナエルの英語部屋です。

今日の体重76.5㎏です(+0.4㎏ 運動不足…)目指せ77.7→60㎏!!

f:id:kanaeruEnglish:20200526093854j:plain

 

「英語学習はお金がかかる」というイメージは

誰もが少なからず持っている印象じゃないかと思います。

 

ひと昔と比べると、インターネットの普及により

かなり英語学習がしやすくなり、低価格化も進みました。

 

しかし「無料」と聞くと、どこか怪しい…

そんなイメージもあるとは思います。

今日は英語学習における「無料」について気を付けるべき5選

ということで記事を進めていきたいと思います。

 

 

1.価格が明記されていないのは「高い」から
 
「レッスン料や価格がよくわからない」
この時点で価格は結構高いものだと考えていいでしょう。
価格が安いのであれば逆にアピールしてくるはずです。
問い合わせをしないと具体的な費用が分からないというケースがそれです。
 
英語学習の熱意が高ければ高いほど
色々な売り文句や教材が魅力的に見えてくるものです。
実際自分がそうでした。
 
「いくらするのかなぁ」「成果でるのかなぁ」と考えている時間は
結構な時間を浪費してしまいます。
価格についてあやふやがあれば「高い」
成果についてあやふやがあれば「自分次第」
 
そう割り切って、一番重要な学習時間に時間を注ぎましょう。
 

 

2.「無料」にこだわりすぎないようにする
 
分かりやすいところであれば「無料体験」を提供することで
申し込みや入会につなげたいという理由があります。
 
「無料」であるからには当然理由があります。
みんなそれを知っているだけに無料に対する「不安」もあります。
 
ここは自身が気を付けなければいけないところですが
とにかくやたらに高額なものを買わないようにしましょう。
 
あまり「無料」にばかりこだわってしまうと、
ここでも肝心の「時間」を浪費したり、変なストレスが溜まったりします。
 
多少の費用はあらかじめ金額設定をしておいて
その範囲で納得できるもの購入するのがいいのではないかと思います。
 
ただ一度支出をすると、アプリの課金などと同じで
英語学習にお金を払う事になれてしまうので
必ず「予算設定」をすることをお勧めします。
 

 

 

3.YouTube
 
YouTube は無料ですが、ネット接続や端末でお金を使用していますし
広告を見ることになるのでそれ相応の対価はすでに払っていると言えます。
 
とくに最近はStay Homeの影響で有名企業なども動画を提供しています。
視聴自体は無料なのでかなり使える媒体であるとは思いますが
無料が故に気のゆるみが顕著で、実際のところYouTubeで英語が伸びたという
話はあまり聞きません。
 
それでも動画という学習媒体は有効であるとは思います。
辞書で調べるように、知りたい情報をピンポイントで検索して活用することが
おすすめです。
 

 

4.利益を必要としない授業
 
英語学校も塾も利益がなければ継続はできません。
それだけに生徒の進捗や授業の内容にはこだわりまくります。
有益と認めてもらえなければ当然利益も出ません。必死です。
 
逆に利益を必要としない英語指導もあります。
その多くは「税金」によってまかなわれています。
こういった形態の授業はほとんど長続きしません。
 
「無料」が故に成果が出なくても文句がだせません。
それでも自治体としては「税金の有効活用」という大義名分を残せます。
「税金なんだから」「公共なんだから」ということで結果に必死に
こだわるまでには至らないというのが多くの現実です。
 
実際に僕はそういった環境での経験をしています。
まれにとても前向きな自治体もありますが、多くは形だけです。
結果が出ないのであれば時間が無駄になってしまいますし
チャレンジしたことで結果がでないと「英語は難しい」という
ハードルが上がるだけです。
 

 

5.「無料」から得られる利益を考えよう
 
「無料」とは結局お金を支払わないで何かの恩恵を得ることです。
自分が受ける恩恵の裏には必ず提供する側にも恩恵があります。
 
その「恩恵」は良い場合は善意からなるものですが
多くの場合は「利益」や「評判」のためであるのも事実です。
 
「無料」であれ「有料」であれ使う時間は同じです。
ちょっとうがった見方ですが無料はゼロですから、
「ゼロ×時間=結果」 ということかもしれません。
 
 

 

僕が声を大にして言いたいのは

中途半端なことをしても結果は出ないということです。

 

英語学習については中途半端なことをすればするほど

結果がでないことから英語習得に対する「無理」感が強くなってしまいます。

「結局英語は難しい」につながります。

 

「無料」が悪いわけではないのですが

無料であれ有料であれ頑張ってスキルを習得することに変わりはありません。

 

自身にとってその「無料」が結果を出すことを前提として

それに時間を費やす価値があるのかどうかを考えたいところです。