初心者歓迎♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

学年別:休校後の子ども達の学力状況

いつもご覧いただきありがとうございます。

カナエルの英語部屋です。

今日の体重76.1㎏です(-0.2㎏ 75㎏遠し…)目指せ77.7→60㎏!!

 

f:id:kanaeruEnglish:20200531123735j:plain

 

先週より僕の塾もようやく再開となりました。

今日は生徒達の学力がどう変化していたかリアルな状況を

シェアさせてください。

※僕の塾は「英語塾」なので英語のみ、のお話しです。

 

 

 

 

 

小学5年生
 

 

影響:無し
 
僕の塾では小学5年生が英語学習スタートの年齢です。
スタートは遅れてしまいましたが、ゼロからのスタートということは
変わらないのでほぼ影響はないように思えました。
みんな元気いっぱいでした。
 

 

小学6年生
 
影響:ほぼ無し
 
このクラスは昨年から継続して授業に来ていくれている方が多く
ブランクは感じるものの休校期間の影響は少ないと感じました。
 
小学校の授業での英語は「遊び」に近いもので、本当の英語学習の
始まりは中学生からということを子ども達も認識しているので
そう考えると、中学が始まるまであと10か月あるので
特に自粛期間の影響はないかと思いました。
 

 

 

 

中学1年生
 
影響:小学生から英語を学習していた生徒は「ほぼ無し」
   今年から始める生徒は「出遅れ感」強い
 
 
小学生から塾に来てくれていた子たちは学校の授業は
「全然簡単」といっています。例年より学校の授業ペースはどうしても
早くなると思いますが、彼らには問題ないと思えました。
 
ただ今年から英語を始めた生徒は既にできる生徒とのギャップを感じている
様子があり、学校の授業が出遅れているということも知っているので
多少の影響はあるように思えます。精神的に「取り残されている」
というイメージはマイナスなので、すこし周りより頑張る必要があります。
 
今年は例外としても、やはり小学生のうちから英語を「学習」することは
本当に重要であると思います。
 

 

中学2年生
 
影響:全体的に「やや有り」
 
初回の授業では1年生レベルの内容ができているかどうかを確認しましたが
結果としてはほぼ全員が「中1後半の時点の方ができていた」という結果に
なりました。
 
昨年から継続して塾にきてくれている生徒がほとんどで、ほぼ全員が
英語を得意としているので、結果にはちょっとショックを受けていた様子でした。
学校も塾もなかったので英語に触れる時間が少なかったことが原因だと思います。
 
ただ今回で少し学力が落ちてしまったことを認識できたことは良かった
と思っています。来週から気合いを入れて遅れを取り戻せるように
あの手この手で生徒達と頑張っていきたいと思います。
 
 
中学3年生
 
影響:全体的に「影響大」
 
中2の英語は覚えることが多いので「できる人」と「できない人」の
2つに分かれる傾向がありますが、中3になってテストの多くが長文問題になると
これまでは「できる人」だった中から点数が伸びない生徒がでてきます。
 
本来なら4月、5月に受けるテストも受けていないことで
長文問題に触れる最初の機会が減ってしまったことは大きなマイナスです。
 
また長文理解で重要な「関係代名詞」「関節疑問文」「名詞を長くする」
などは例年3年生の後半になって初めて習うので、今年はその遅れも危惧されます。
 
中2同様に、塾の最初の授業ではこれまで分かっていたことがちょっと
あやふやになっていると感じるケースが多くありました。
今年は「遅れをとっている」というイメージを強く持つことが重要です。
 
高校受験は「前期試験」があるので多くの生徒がそれでも難なく受験をパス
するでしょう。しかし問題はそこではなく高校に入ってからです。
中学英語がわからないと大学受験は「絶望的」といっても過言ではありません。
 
将来のためにも、今回の学習の遅れは「影響大」と考えてほしいです。
 
僕の生徒は文法の理解についてはそこまで問題がありませんが
単語や構文など単純に覚える作業についての遅れが顕著です。
 
 
 
 
 
 
高校1年生
 
影響:全体的に「影響大」
 
「高校英語」が中学英語とどう違うのかを体感するのが
2か月遅れたことは今後の学習に影響していくと思います。
 
学校から課題等は出ているとは思いますが、自主的に毎日学校同様の
学習をすることは難しく、英語に触れる時間もすくなくなっています。
 
高校に入学するというワクワク感もこれからで、
新しい環境に生活を順応させることや
部活なども始まるので1年生のはじめはなにかとあわただしいものです。
 
新高校生にとってこの出遅れは大きな影響があると思えます。
 
 
高校2年生
 
影響:全体的に「影響かなり大」
 
この学年が僕としては一番危惧しています。
実際、僕の生徒もこの学年が一番伸び悩んでいます。
 
受験が控えていることは意識しているものの、3年生ほどの意識はなく
学校に行かない期間はどうしても学習がおろそかになりがちです。
さらに今回の自粛で、学習時間は大きく下がっています。
 
英語についても触れる時間が短いことから
特に単語や構文など、「覚える」パートの遅れが目立っています。
 
僕の生徒は「文法」については理解してくれているので
あとは日ごろの勉強癖を付けてもらうようにお願いしているところです。
 
大学受験は高校受験の何倍も大変です。
今回の事を機に受験に対する危機感を高めてほしいと思っています。
 
 
高校3年生
 
影響:色々な意味で「影響大」
 
僕の生徒はほとんどが中学生から僕の授業をうけてくれているので
大学受験に向けての準備は進んでいるのでそこまでの心配は今のところありません。
 
この学年は政治に振り回され、いまだにセンター試験に変わる「共通テスト」
の具体的な内容が示されていません。僕が今住んでいる村もそうだったのですが
教育に疎い方々が政治を通して関わることは絶大なマイナス要因です。
今の政治は「お金」がメインなので…
 
高3はすでにほどんどが受験モードに入っていて、習うべき文法等も
学校ではほとんど終わっている状況なので、休講云々関係なく重要なのは
自主学習なので頑張っている生徒にとっては例年と同じですし、
頑張っていなければ自粛云々に関わらず成果はでません。
 
とにかくこの学年は成人年齢のことでもそうですが政治によって
テスト的に対応させられていることがとても多いというのが実際です。
 
ただ受験は待ってくれません。共通テストはリスニング問題が増えるということは
確実なので、リスニング対策を増やす形で学習をすすめていきましょう。
 

 

 


 

 

まとめ

 

学校に行かない期間、英語に触れる時間が無くなってしまったことが

かなり大きいと思います。2か月ほどの自粛期間でしたが、全体的に

その影響は「大きい」と考えておいた方がいいと思います。

 

特に受験そ控えている方にとってはこれを機に危機感を高め

来るべき受験に備えて頑張っていきましょう!!