初心者歓迎♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

留学にいこう!! ⑥ 留学にもっていくべきお土産6選!!

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

カナエルの英語部屋です。

今日の体重76.5㎏(+0.1㎏ うどんメイン)目指せ77.7→60キロ!

f:id:kanaeruEnglish:20200611224912j:plain

 

留学では宿舎やホテルに泊まる場合と

ホームスティ型とがあります。

今回は宿舎やホテルに滞在する場合を想定して

一緒に学ぶ日本人以外の生徒や先生に

実際に僕が喜ばれたお土産4選シェアしたいと思います。

 

1.サンリオ系グッズ 
 
留学先の先生は女性が多く、特に若い先生にはこれが人気でした。
ディズニー系のものは海外でもかなりの数のグッズがあるのですが
意外とサンリオ系はないようです。
 
サンリオって日本の会社ですよね、確か。
どこの国でもなかなか入手できないものは
レア感があって喜ばれます。
 
100円ショップでも結構売っています👍
 
 
2.グミ キャンディー
 
どこの国でもキャンディーは売っていますが
日本のキャンディーはなぜか評判がいいです。
缶やおしゃれな箱に入っているのがお土産としては喜ばれます。
口にいれるとすぐ解ける金平糖なんかも人気です。
 
グミは似たようなものは海外にもありますが
日本人が「グミ」と認識する感じのものは
ほとんど売っていません。
「ハイチュウ」も喜ばれます。
韓国や台湾では普通に売られてるようです。
 
 
3.「漢字」の書いてある何か
 
たとえば寿司屋さんによくある魚の感じが色々書いてある
湯呑みとか、手ぬぐいなど。
日本らしさが醸し出される商品はどれも人気ありますが
特に「漢字」はなんかとても日本ぽいみたいです。
 
4.珍味
 
日本の珍味って海外には同類のものがないんですよね。
留学先では初めて食べる人も多く、大体おいしいので
かなりの確率で喜ばれます。
 
空港でもお土産として売っていますが結構な値段がします。
前もってスーパーなどで買うのがいいと思います。
 
ただ渡航先によっては珍味や干し肉のようなものは
持ち込み禁止になっているので気をつけましょう。
 
 
5.お好み焼きセット
 
現地で料理できる環境が必要となりますが
留学先でも「お好み焼きパーティー」は
間違いなく喜ばれます。
 
キャベツや肉などは現地で手に入りますが
お好み焼き粉」
お好み焼きソース」
「天かす」
渡航先ではなかなかてに入りません。
 
たまにお好み焼きセットが売っているのを見かけますが
値段が高いし量が少ないです。
 
あと「マヨネーズ」は日本のものが本当においしいです。
海外にも売っていますが、やはりだいぶ味は違います。
「キューピー」ブランドの海外向けのものは良く売っていますが
本場の物とはやはり味がだいぶ変わります。
 
マヨネーズに関しては長期滞在すればするほど
お土産というより自分用に必要だと思います。
ほんと日本のマヨはうまい😁😁😁😁😁
 
 
6.5円玉
 
穴の開いたコインって結構珍しいようです。
漢字もかいてありますし喜ばれます。
 
これも空港にピカピカの5円玉がキーホルダー使用で
売っています。ピカピカしてます。
 
だいたいこれを上げると現地通貨でいくらか聞かれます。
正直にいうとだいたい少しがっかりされます。
 

 
「日本らしいもの」
「なかなか手に入らないもの」
「食べたことないもの」
「純粋においしいもの」
 
こういった要素が多いお土産が
僕的には喜ばれると思います。
 
お土産をきっかけにして
お話しを盛り上げましょう!!
 
「留学に行こう」シリーズ
他の記事もぜひご覧ください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.kanaeruenglish.work

 

 
お土産も大事ですが単語も大事!!   ↓  ↓