だばだばわかる基礎英語♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

英語が苦手な中学生に捧ぐ「中1英語」①:「簡単」だから踏ん張って!!3選

 

いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます。

カナエルの英語部屋です♡      

今日の体重76.5㎏(-0.2㎏ ぼちぼち)目指せ77.7→60キロ!

f:id:kanaeruEnglish:20200621190152j:plain


今週は「中学英語」についての内容を

シェアさせていただきたいと思います。

大人からの「やりなおし英語」にも

おすすめしたい内容です。

 

 

「英語がわからない」という方のほとんどが

「中1」レベルの英語を理解できていません。😥😥😥

 

「覚えていない」ではなく

「理解していない」というところがポイントです。

今日は中1英語を理解するための3つのポイント

について書いていきたいと思います。

 

一つ一つの詳しい説明は明日から

始めていきたいと思います。

 

1. 「名詞」「動詞」「形容詞」をおぼえよう(ここで踏ん張って!!)

難しい文法用語を覚える必要はありません。
しかし最低限これだけは覚えてほしい、
それが「名詞」「動詞」「形容詞」です。
 
この3つを聞いた瞬間「そういうのムリ」と感じた方、
まずここで踏ん張ってください!!
 
全く難しいことはないんです!!
ただ文法チックな言葉に「むずかしい」と
思わされいるだけなんです!!
 
なんなら「めーたん」「どーたん」「けーたん」
でもいいです。😏😏😏
悪いイメージをふきとばしてください!!
 
これを分からずに英語を覚えようとするのは
「料理をするのに材料の名前が分からない」ようなものです。
 
「ではまず塩を少々いれてください」
「塩ってなんですか?」😓😓😓
 
こんな感じです。
 
「英語なんて難しすぎる」という方のほとんどが
この品詞の意味を理解する前に英語をあきらめています。
「入口」の正面に立って、中に入らず引き返すようなものです。
 
繰り返しになりますが
まったく難しくないんです!!
ちょっとやれば小学生でもわかることです。
 
とても大事なポイントです。💖💖💖
 

 

2. 文の作り方を覚える(簡単だから逃げないで!!)

 

これも「SVO」とか「第3文型」とかそういった言葉が

「英語は難しい」というイメージを高めているのではと思います。

 

本当はそれらの言葉は「日本人誰もが英語を理解できるように」

という願いを込めて、英語講師の先人たちが端的な言葉で表した

分かりやすい表現です。

 

学習を進めていけばそれが分かると思いますが

中1英語という学習の入口では

受け入れがたい「お堅い」ものというイメージですよね。

 

僕の授業では以下の表を使用しています。

f:id:kanaeruEnglish:20200621145832j:plain

詳しいことは今週中に別の記事で説明しますが

「名詞」「動詞」「形容詞」が何なのか分かれば

上の表に「ポン」とその言葉を置けばいいだけです。

 

この表をみてまだ難しいイメージがあれば

名詞を「めーたんのおうち」とかにしてもいいです。😏😏😏

とにかく言葉を置くだけですから

難しくはありません。

 

多少の説明は必要ですが

ほとんどの生徒がこの表をみて

文の作り方を理解してくれています。

 

 

 
 
 

 

3. 「3単元のS」(ここで英語とサヨナラする方多数発生します)

 

これも今週中に詳しく説明しようと思います。

 

「3単現のS」が難しく思えてしまう理由は

①「3単現のS」は「動詞につくS」だと認識できていない

② ↑ だから「名詞につくS」とごっちゃになる

③ ↑ だから「S」は複数のとき使うのに?? 混乱する

③「~人称」の言っていることが意味不明

 

そこらへんのことを気にせず

「主語が1人(個)なら動詞に「s」がつく

 ただし主語が「I」と「You」以外、

これだけなのですが、

 

まず①で触れた「名詞」「動詞」の区別ができないと

「3単現のS」が説明できません。

なのでまずは「名詞」「動詞」「形容詞」を

理解することが一番です。

 

「現在形の時にだけ」というところは

最初はそんなに気にしないでいいところです。

あの超有名なテキスト「Grammar in use」の初級者版にも

「主語が単数なら動詞にSがつく」というのが最初の説明です。

 

「3単現のS」はいかなる状況にあっても

対応できるように考えられた言葉だと思います。

でも最初は僕が提唱する「さみしいのS」

で十分だと思います。

近いうちに詳しく説明します👍👍👍




 

明日より今日挙げた3つについて

詳しく解説していきます。

 

中1に限らず中2、中3、の方でも

英語が分からない原因のほとんどは「中1英語」が

理解しきれていないからです。

高校生でも同様のケースが多いです。

 

まだ中1の半分以下の内容ではありますが

とにかく「ここ」なんです。

ここを乗り切れば先は見えてきます。

 

大人の方の「やり直し英語」にも

かなり使える内容です。

是非お付き合いいただければと思います。

 

英語が苦手な中学生に捧ぐ「中1英語」

このシリーズは①から⑦まであります。ぜひご覧ください 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

www.kanaeruenglish.work

 

単語を知ってて損はありません ↓ ↓


【高校受験㉓】1日9個の英単語を覚えよう!! 9words