初心者歓迎♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

「6年」費やしてしまった僕の「しくじり」英語学習②:バイトしながら英語学習②年目:行動5選

いつも「カナエルの英語部屋」にお越しいただきありがとうございます!!

カナエルの英語部屋です♡

f:id:kanaeruEnglish:20200706151910j:plain

 

「気構え」しかできなかった①年目、

その反省が少しは行動になりかけた頃、

無職である自分に「お金」の問題が

台頭してきました。😩😩😩

 

ということであくまで英語学習、

差し支えない程度にバイト、

そんな②年目がはじまりました。

 

 

 

1.リゾートバイトで「一石二鳥」をもくろむ

f:id:kanaeruEnglish:20200706153842j:plain

英語学習をしながらもお金も稼ぐ、

僕が考えたのは

「住み込み」バイトでした。

 

「リゾートバイト」というのがありました。

観光地などは田舎で人が少なく

現地で従業員の確保が難しいため、

住み込みで働ける方をアルバイトとして

雇用するというものです。

 

「家だとなかなか勉強に集中できない」

「自然に囲まれた環境で勉強できる」

「周りが田舎だから遊ぶ要素はない」

そんな環境を得られる上に収入がある、

そんな考えでした。

 

さらに、ほとんどの観光地が

繁忙期のみの短期の仕事だったので

あくまで「学習」がメインの自分には

好都合でもありました。💖💖💖

 

さらに「英語」が周りにあり環境なら

働きながら英語が学べると思い

仕事環境に「英語」があるところを

探しました。

 

2.北海道 サホロリゾートでの経験

f:id:kanaeruEnglish:20200706154734j:plain

最初に住み込みでお世話になったのが

北海道新得町にある

クラブメッド サホロ」でした。

 

ご存知の方も多いと思いますが

「Club Med」は世界中にあって

多国籍のスタッフが働いていて

とてもインターナショナルな感じな

リゾートです。

 

スタッフは「ホスト」的な仕事が多く

お客さんと一緒にスポーツや

アクティビティを楽しんだり

食事を一緒にしたり、お酒を飲んだり

できるのが大きな特徴です。

 

仕事はレストランのスタッフでした。

多国籍で英語が飛び交う環境なだけに

僕と同じように英語目当てで

働きに来ている人もいました。

 

逆に「英語が使えるから」こそ

この仕事をしているバイトも多く

そのほとんどが僕よりも年下でした。

「35歳で英語が話せない自分」と

彼らの距離を痛感しました。

僕のしていることがどれだけ

甘いことなのかも実感しました。

 

「全く成長していない自分」を

まざまざと実感できたことは

「だらけ癖」の抜けきれない自分には

いい刺激でした。

 

仕事場で飛び交う英語が

ほとんど理解できない状況でした。

基本中の基本から英語を

学び始めたのはこの頃からでした。

 

それでも基本の「き」の字すら

分かっていなかった自分には

まだまだ成果らしい成果は

ありませんでした。

 

ただここでのバイトは

いい経験になったことは確かです。

 

 

 

3.さらに続けた「住み込み」バイト

f:id:kanaeruEnglish:20200707004915j:plain

若干の成果がでた「サホロ」での経験、

英語以外にもいい経験ができたので

「この機会にもっと色々な経験を」

という「欲」が出てしまいました。

 

その後、僕が経験したバイトは

「群馬の温泉 住み込み」

「静岡でのお茶の収穫 住み込み」

「長野でのキャベツ収穫 住み込み」

「ゴルフ場の手伝い 住み込み」

パン工場の深夜勤務」

「採点作業補助」

 

「経験」としては良かったですが

結局単純作業に時間を費やすことになり

英語の勉強を続けていたものの

何か方向性がくるってしまいました。

 

後半に至っては

もはや「ただの労働」でした。😩😩

 

パン工場の深夜勤務をしていた時、

流れてくる「中華まん」の表面に

熱した鉄で「にく」と「あん」を

焼き付けるだけの仕事がありました。

 

「ペタっ」「じゅ~」

「ペタっ」「じゅ~」

「ペタっ」「じゅ~」…

 

この繰り返しをしている時に

自分がおかしい方向に進んでいる

ことを実感した記憶があります…

 

最初の「サホロ」だけで

住み込みバイトを終了しておけば

もっと時間を節約できたような

気がします。😥😥😥

 

4.「甘い」環境に定着

f:id:kanaeruEnglish:20200707012822j:plain

 あやうく「バイト人生」に「どはまり」

するところでしたが、とりあえずは

働く環境を変えすぎることは良くないと

判断して1つに絞りました。

住み込みバイトもやめました。

 

そして1つに定めたバイトが

「チョコレートショップ」でした。

具体的に言えば「モロゾフ」です。

 

場所が「吉祥寺」だったので

外人さんも多く生活しています。

実際に接客で英語を使ったのは

数回ではありましたが…😭😭

 

おいしいプリンとの出会い…

おいしいチーズケーキとの出会い…

なにより「ココピ」との出会い…

 

英語学習に加えて「デブ活」が

ここから始まったわけですが

いい加減、英語学習もなんとか

しないといけないわけで

目標を「英検準2級」と「留学」

に定めました。💃💃💃

 

5.ようやく成果となった「英検準2級」

f:id:kanaeruEnglish:20200707114936j:plain

「チョコと英語」の日々が過ぎました。

目標である「英検準2級」、

始めてテキストを手に取った時は

「こんなに難しいの??」と

衝撃を受けた記憶があります。

 

基本文法はどうやっても分からず

とにかく単語を覚えることに

集中しました。

 

ちなみにこの頃の主な学習場所は

マクドナルド」

ドトール

「図書館」 でした。

 

試験当日、

会場は中高生がほとんどで

ちょっと恥ずかしかったです。

 

努力の成果が出たのか

何とか「準2級」は一発合格しました。

37歳直前で「準2級」

「2年間」かけて形になったものは

これだけでした。

 


 

「2年間」ちゃんと勉強していれば…

そんな後悔とともに唯一残った

「英検準2級」

 

今の僕の生徒なら「中3」で

取得する生徒も少なくないです。

 

本当ダメダメたったと思います…

 

「6年」費やしてしまった僕の「しくじり」英語学習

このシリーズの他記事もぜひご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

www.kanaeruenglish.work

 

 

僕のようにならないために ↓ ↓


【高校受験㉒】1日9個の英単語を覚えよう!! 9words