だばだばわかる基礎英語♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

小学生でもわかる「~ing」 【進行形と動名詞】⑤「疑問詞+疑問文」は万能!!

f:id:kanaeruEnglish:20200730114554j:plain

みなさんこんにちは~

カナエルの英語部屋です♡

 

今週は「ing」について学習をすすめてきました。「~している」という一般的に思い描く進行形としての「ing」の意味は「形容詞」、動詞を名詞化するための「ing」は「名詞」として考えて、あとはいつも通り文作り表に「ぽんっ」と置けばいいだけです。復習として2つの文を見てみましょう。

f:id:kanaeruEnglish:20200726224733j:plain

「進行形」(~している)の「ing」は形容詞として考えます。上の表では「I am cooking」(私は料理をしています)という文を作りました。

 

f:id:kanaeruEnglish:20200727121832j:plain

動詞を名詞化して「~すること」という意味の「ing」は「名詞」として考えます。上の表では「I like eating」(私は食べることが好きだ)という文を作りました。

 

上の2つの文を並べてみます。

「I am eatng」

「I like cooking」

これを疑問文にすると

「Am I eating?」

「Do I like cooking?」

ですね。

 

疑問文の作り方については

過去記事をご覧ください。

www.kanaeruenglish.work

 

ここで思い出してほしいのが ↓ ↓

f:id:kanaeruEnglish:20200716182714j:plain

疑問文さえ作れてしまえば、

疑問文の前に「疑問詞」をつけてしまえば

かなり色々なことが聞けます。

 

上の文を例にとって

「Am I eating?」(私はたべてますか?」

これに「Where」どこで?をつければ

「Where am I eating?」

(どこで私は食べているの?)

 

「Do I like cooking?」(私は料理が好きですか?)

これに「Why」なぜ?をつければ

「Why do I like cooking?」

(なんで私は料理が好きなんですか?)

 

などなど

「ギモンシ+疑問文」は万能なんです。

 

今回は「ing」を用いた疑問文ですが

「can」などの助動詞でも

受動態でも現在完了でも

どんな文であっても

「ギモンシ+疑問文」の形は使えます。

このイメージをぜひ大事にしてください!!

 


 「ギモンシ+疑問文」の形まで

自分で文が作れるようになれば

あなたは「基礎レベル」卒業です。

このレベルにまでなればあとは

トントン拍子でレベルアップできます。

 

ただし、そこまでできた状態で

「全然英語が分からない」と感じるのなら

それは単語力が足りていないからです。

文が作れるようになればなるほど

満足できる内容の文を作るためには

必要な単語も増えていきます。

 

文と違って単語は覚えるだけです。

英語学習に対する意欲と比例します。

ぜひお気にいりの単語帳を1冊用意して

作れる英語の幅を増やしていきましょう!!

 

 

そんなこんなでこちらも是非!! ↓ ↓


【高校受験㉗】1日9個の英単語を覚えよう!! 9words