だばだばわかる基礎英語♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

小学生でもわかる「副詞」⑥:「副詞さん」総集編!!

f:id:kanaeruEnglish:20200807110956j:plain

みなさんこんにちは。

カナエルの英語部屋です♡

 

今日は「副詞」のまとめ回です。今週学んだ副詞についておさらいしながら、しっかりと「副詞」の使い方を理解してあなたの英語をより華やかなものにしていきましょう!!

1.英語の語順に慣れよう!! (日本語に固執しない)

f:id:kanaeruEnglish:20200802164846j:plain

日本語を英語にしようとするときに「一言」でまとめようとする傾向がとても強いと思います。これは「日本語基準」で英語を考えてしまうことが原因です。英語を学んでいるときは「英語基準」で学習をすすめていくことが大事です。例として副詞「fast」をみてみましょう。

上の表のように日本語では「早く走る」ですが英語の語順は「走る早く」になります。日本人にとってはおかしな語順ではありますが英語にとってはこれが「普通」です。新しいものを素直に受け入れてしまえばなんてことないものです。新鮮な気持ちで「英語」の感覚を取りこんでいきましょう!!

 

2.副詞さんは「おまけことば」

f:id:kanaeruEnglish:20200805114938j:plain

「副詞さん」は上の文作り表の中で「定位置」がありません。なので例えば副詞である「always」(いつでも)を「You are cool」(あなたはかっこいい)という文に入れる場合、文法上の決まりはありません。一般的によく使われる場所というのはありますが、ルールとしてはどこにでも入れられてしまうのが「副詞さん」です。

なので上の表の①から④までのどの場所にも配置することができます。

 

3.副詞さんは動詞さんと仲がいい

f:id:kanaeruEnglish:20200807001739j:plain

自由人である「副詞さん」ではありますが、「動詞さん」との相性が抜群です。なので動詞さんを引き立てることができるのも「副詞さん」の役目です。

その場合の副詞さんは「動詞さんの後ろ」に配置されます。

f:id:kanaeruEnglish:20200802174922j:plain

自由人な副詞さんだけに「定位置」はありませんので動詞さんのうしろに「ちょこん」と位置する感じです。

f:id:kanaeruEnglish:20200803032849j:plain

上の表のように「英語を勉強する」という動詞に「hard」という副詞さんをつけたい場合は ↓ ↓

f:id:kanaeruEnglish:20200803033249j:plain

上の表のように副詞「hard」がちょこんと置かれます。自由人の副詞さんはいろんなところに置かれますが「動詞さん」をフォローする場合は必ず動詞の後ろに配置されることをおぼえておいてください。

 


 

今回は副詞さんの基本に集中したので、副詞一つ一つの紹介はできませんでしたが、どの単語が「副詞さん」になるのかが分かれば、それらの単語を用いてあなたの英文をよりお洒落にすることができます。是非「副詞さん」を意識してみてください。

 

 

「品詞さん」意識してください。↓ ↓


【高校受験⑫】1日9個の英単語を覚えよう!! 9words