だばだばわかる基礎英語♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

【単語が覚えられない!!】「いつもの風景」を「単語帳」にしてみよう!!③リビング編

f:id:kanaeruEnglish:20200823182843j:plain

みなさんこんにちは。

カナエルの英語部屋です♡

 

今週は「英単語」にフォーカスしています。

今日も上の写真を「英単語化」してみましょう!!(答えはブログ記事下にあります)

 今日は「リビングルーム」にありそうなものからチョイスしました。

 

今回僕のおすすめしている「英単語暗記法」は「目に入るものすべて英単語化」する方法です。特に家や学校など「いつもの風景」のなかでこの方法を活用してもらいたいです。

単語帳を開けば当然ですがいつみても同じ単語がかいてあります。同様に「いつもの風景」もいつも同じものが目に入ってきますよね。なので、「いつもの風景」を「英単語化」する練習が習慣づけば、みているだけで「単語帳を開く」と同等の行動になるわけです。

これは学生さんにも応用できて、いろんなものに試験などで今覚えなければならない単語を「リンク」させることで「いつもの風景」が単語帳になります。詳しくは前回記事を参考にしてください。

 

 


 

ここから画像の答えになります。

 

f:id:kanaeruEnglish:20200823183517p:plain

天井につける電機は英語で「ceiling light (シーリングライト)」になります。英語ではちゃんとした単語があるのに日本語だと「天井ライト」っていうとなんか違和感ありますよね。かといってそれ以上に適した言葉もみつかりません。

あえて言うなら「天井用照明」ですかね。日本人からすると「なんで英語だとこうなの?」と思うこと多いと思いますが、日本語勉強している方からすると「なんでシーリングライトの和訳がないの?」と不思議に思う事でしょう。「電気つけて」なんてのも違和感あるでしょうね。言葉のおもしろいところでもあり難しいところでもあります。

 

f:id:kanaeruEnglish:20200823202924j:plain

「コンセント」は完全な和製英語です。「同意する」という意味で「consent」という単語があるので、そこから来てるのかなと思います。

英語では「outlet」または「socket」「plug」とも言うそうでうす。ソケットとプラグはカタカナで聞く言葉なのでなんとなくわかりますが「outlet」は「型落ちした商品を販売する場所」のイメージが強いところですよね。

「out」は「外へ」、「let」は「させる」という意味なので、合わせて「outlet」と考えれば、電気を外へ出させる感じがコンセントであると納得できるのではないでしょうが。またアウトレットモールの意味の方も「売り切る」みたいなイメージにつながりますよね。

ただ僕自身、あまり外人さんが「outlet」という言葉を使っているのを聞いたことがありません。これも一緒に働いていたネィティブの方にきいたところ「power point」をよく使うと言っていました。決して「outlet」が間違えているわけではないのですが、地域や使う状況などによって変わってくるのでしょう。

f:id:kanaeruEnglish:20200823204312j:plain

これは日本人からすると「そのままじゃん」とか思うかもしれないですね。「火」と「場所」で「fireplace」ですから確かにそのままです。でもそんな感じの英単語も結構あるものです。

「暖炉」を英語にする機会なんて僕でもたまにしかないですが、仮に忘れててもなんかそのまま言ったらそうだった、なんて経験もあったりします。

 


リビングルーム」も英単語の宝庫です。ぜひいつも過ごすその場所を「単語帳化」してみてください!!

 過去記事も是非ご覧ください ↓ ↓

 

 

動画も単語を覚える効果的な手段です ↓ ↓


【大学共通テスト受験㉑】1日9個の英単語を覚えよう!! 9words