だばだばわかる基礎英語♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

「大学共通テスト」を知ると日本の英語教育の行く先が見える③大学受験のために中学生がすべきこと

f:id:kanaeruEnglish:20200922125458j:plain

みなさんこんにちは。

カナエルの英語部屋です。

 

今週は学習塾らしく「受験」をテーマにしたいと思います。去年で「センター試験」が終了して、今年から始まる「共通テスト」の要綱が最近発表されました。、ニュース等でその内容を目にされた方も少ないのではないでしょうか。

僕は「大学受験」を基準に英語指導をしています。中学生の生徒にも「本番は大学受験」ということを強く強調しています。もちろん中学生の時点ではどこの大学に行きたいなんて考えはまだないですが、将来のことを「現実」と捉えられないと、将来の道筋が曖昧なままになってしまいます。

今日は大学受験に向けて「中学生」がすべきことについてのお話しです。

 

 

1.中学英語ほど大事なものはない

f:id:kanaeruEnglish:20200922130858j:plain

「共通テスト」でしっかり点を取るためには中学英語をしっかり理解する必要があります。共通テストでは「長文問題」が多いですが、これを読み解くために必要な知識のほとんど全部に中学英語が関わっています。

料理と同じです。いくらすばらしい食材を集めても「さしすせそ」と言われる味付けの知識がなければおいしい料理なんてできないですよね。英語も基本なしには何もできません。

中学でに3年間で習う事すべて大事ですが、特に3年生後半で習う内容は卒業までの時間があまりないときに習うので、理解が曖昧のまま高校生になってしまうというケースも少なくありません。しっかりと3年間の内容を理解することが大事です。

 

2.「インプット」と「アウトプット」は違う

f:id:kanaeruEnglish:20200922131922j:plain

これは本当に声を大にして言いたいことです。特に保護者の方や子ども達の周りの大人の方にお願いしたいことでもあります。

中学生の学習はおもに「インプット学習」です。知識を蓄えるための学習です。とても大事で重要な学習であり、ここでしっかり理解できるかどうかがその後の英語学習につながっていきます。

対して「アウトプット」。これはインプットで蓄えた知識を口から発する練習です。覚えたことを会話として口から出すにはこのアウトプットの練習が必要になります。ここで知ってほしいことは「インプットの量」=「アウトプットできる量」ではないということです。例えばインプットが「100」だった場合、アウトプットできるのはよくて「20」くらいだと僕は思います。

よく聞くのが中学生の生徒に「学校で英語やってるんだからこれ英語で言ってみてよ」のような大人の問いかけです。生徒が学校で頑張っているのは「インプット」です。アウトプットの練習はしていませんし、前述のように覚えたからと言って口からだせるとは限りません。この質問が生徒の自信ややる気をそいでしまうケースも少なくありません。

どうしても「英語ができる」=「アウトプットできる」というイメージが全体的に強いと思います。しかしインプット学習している学生に「しゃべれない」から英語ができないと思うのは違うのではないでしょうか。インプットなくしてアウトプットはできません。学生たちは「インプット」で頑張っていることを是非知ってあげてください。いかに心地よく中学英語を学習できるかということも大学受験へ向けての大きなポイントの一つです。

 

3.中学生のうちに「英検準2級」

f:id:kanaeruEnglish:20200922134027j:plain

一般的には「英検3級」が中学生が届くべきレベルとされています。しかし「中学生だから中学生のレベルで満足」という考えは「普通」なんです。大学受験のことを考えれば逆に「遅れている」というレベルです。

特に公立の学校は「英検3級」以上のレベルを意識した授業はまずしないと思います。「指導要綱」にないことはしないのが公立校です。「中学は中学」という「ひとくくり」です。しかしこれでは高校に進学してから苦労することになります。

勿論目指す大学のレベルにもよりますが、中学卒業時点でおおよその大学のレベルは決定しています。それだけに中学のうちから一歩先のレベルに足を踏み入れることがとても大事です。それだけで将来への意識が大きく変わります。かといって中学のうちから高校のテキストを使うことは難しいと思います。そこで使い勝手がいいのが「英検準2級」です。

最近では中学生が準2級を取得することはめずらしことでもありません。特に英語学習に熱意の生徒は中学英語の範囲だけで英語学習をストップさせてしまうことはとても時間がもったいないことです。先々のために中学生のうちに準2級を目指すことを強くお勧めします。


 

中学生にとっては「はじめて」のことだらけです。なので生徒を導く「先生」の存在はとても重要です。型にはまらない、夢と現実が同じものと考えられるそんな先生がいいですね。

 

さあ今から高校レベルの英単語!!


【大学共通テスト受験㉔】1日9個の英単語を覚えよう!! 9words

基礎が不安なら「stand.fm」で

stand.fm