だばだばわかる基礎英語♡英語独学勉強法(カナエルの英語部屋)

人口2900人の村(過疎化進行中)で奮闘する英語講師が語る英語あれこれ

「鬼滅の刃」あのフレーズを英語にすると面白い!! その⑤「鬼殺隊」「血鬼術」

f:id:kanaeruEnglish:20201027100408j:plain

みなさんこんにちは。

カナエルの英語部屋です。

今週は大人気アニメ「鬼滅の刃」に出てくるフレーズを英語にしてみよう~という感じで行きたいと思います。映画が大ヒット中のこの作品、ネット記事やニュースで至る所で「鬼滅」の字を見ている気がします。関連商品も軒並みヒットするという感じでまさに「社会現象」といえるのではないでしょうか。

僕の教室には2冊だけですが英語版コミックを置いています。子ども達はもう「鬼滅」と聞けば大喜びなので、英語だらけのこの本も興味津々で見ています。自分の好きな分野と英語がマッチすることはとてもいいことだと思います。特に英会話を学習している方にはこういった英語版単行本は学習ツールとして使えると思います。よくよく見ていけば英文法も当然「ふんだんに」使用されています。

さて、今日は「鬼殺隊」「血鬼術」を見ていきましょう!!

※今回の記事は英語版コミックからの引用です。アニメ版では違う表現をしている場合もありますのでご了承ください。

1.鬼殺隊 Demon slayer corps

f:id:kanaeruEnglish:20201027120959j:plain

 「鬼殺隊」は「Demon slayer corps」となっています。「corps」は「軍団・兵団」という意味になりますので、「隊」のところに相当する意味になります。「鬼を討伐する軍団」ということになりますが、十分に意味は翻訳できてるのかなと思います。

新選組」は英語でも「Shinsengumi」で表記される場合が多いですが、日本人でも新選組の名前の由来って知らない人の方が多いですよね。日本人でも知らないことを無理やり英語にしても伝わらないのでそのままにしているのだと思います、

「鬼殺隊」もそのまま「kisatsutai」でもいいのかとも思いますが。英訳しても十分にその意味が通じるところから、英語表記でもいいのではないかと判断したんじゃないかと思います。日本で作られた作品を英訳する場合、それぞれの国の文化を加味して翻訳する必要があるので本当に大変だと思います。

2. 血鬼術 Blood demon art

f:id:kanaeruEnglish:20201027121018j:plain

 「血鬼術」は「Blood demorn art」です。「技」のところを「テクニック」じゃなくて「アート」と訳しているところが興味深いなぁと感じました。鬼殺隊が使う技名のように華やかさはないですが「鬼ならではの技」という感じを強く受けますよね。

 

今週のまとめ

今週は「鬼滅の刃」にでてくるフレーズを英語にしてみるという企画にしてみました。人気の作品なだけに、英語版にも興味を持てる方が多いのではないかと思います。色々な漫画やアニメ、映画や小説などがありますが、人気のあるものはほとんどが英訳されて販売されています。英会話の練習をされている方にはそういったものを使うのも効果的かと思います。

僕が英語学習に打ち込んでいたときは「マトリックス」を100回以上は見たと思います。正直そこまで好きというわけではなかったのですが、何回も見ているうちに細かいところが気になり始めて、そこから自分で色々調べて「なるほど」と思ったことも結構あったりします。

英語は「教えてもらうもの」というより「自らおぼえていくもの」といった感覚でいた方がいいと思います。教材もお気に入りのものを「自ら」探すのがいいと思います。鬼滅が好きな方であれば今回のようにフレーズがどう英訳されているのかなど見てみるのも役にたつかもしれませんね。

 

鬼滅の刃英語版「Demon slayer」はアマゾンから購入できます。僕もアマゾンから購入しました。 ↓ ↓

 

もっと鬼滅で英語!!

 

「stand fm」でも同ネタやってます!!

stand.fm